忍者ブログ
サイト『果てない大地 遠い空』の別館です。 異文化SchoolDays企画でのチャットに関するレポート、なり茶告知の場所です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

イトルさんが書かれていた『ゲリラ的クリームパンテロ』。
続き的なものを思いついたので勝手に書かせていただきました。
ライセさんとシュウちゃんをお借りしています。
タイトル思いつかなかったよ!!!;;;
お許しが出たら企画の方にうp…してもいいのかしら、CPものじゃないしね!


 *****

 

ひそひそ、ゴゾソゴソ。
 
隠れて何やらしている奴がいるようだ。
それと共に少し離れた所から感じる、明らかに俺に向けられた視線。
別にどうでもいいが、鬱陶しい。

「…おい、俺は見せ物じゃねーぞ」

俺が言うと同時にガタッと音がして、制服の女が顔を覗かせる。

「…ばれてた」
「ほらー、だから言ったじゃない。隠れるならもっと離れた場所から気配消さないと」

この間俺にクリームパンを押し付けていった変な女と、その後ろからそいつよりもちっこい女…チビがひょっこり現れて俺の傍に来た。

「ライセさん、今日も一人。友達いないの?」
「ライセさん間近で見るの初めてだー。ジャックさんと仲良い人だよね!」

最近変な奴に付きまとわれる俺は運が悪いのかもしれない。
子どもに好かれる体質は確か持ち合わせていない筈だが。

出来れば関わりたくもなかったので、黙って読書を続ける。
レポートの提出期限が明後日に迫っているのだ。
そんな俺に構わず、二人は俺の隣に座って鞄を逆さまに開いた。

ドサドサドサ。

優に三十人分はあるであろう数々のパンが、重力の法則に従ってベンチの上に落ちる。
…こいつら、二人でこれ全部食う気か。

「ライセさん、どれ食べる?」
「…は?」

女の言葉に反応してからしまったと思う。

「ライセさんいつも一人でしょー。一緒にお昼ご飯食べようよ。どれがいい?」

チビがクリームパンとチョココロネを手に機嫌良く笑う。

「…要らん」
「甘いの、ダメだった?こないだのクリームパン無理だった?カレーパンとかもあるけど」

俺が拒否すると女がカレーパンとピザパンを俺の手に押し付けてきた。
…何でパンばっかなんだよ。

「そっか、ライセさん甘いのダメなんだ。じゃーこれはあたしが食べよっかな」
「あ、いやどちらかというと甘い方が…」

しまった、また反応してしまった。

「あ、甘いのが好きなんだ!じゃあ選んで選んで!メロンパンとかチョコサンドとかもあるよ!」

パンの山を俺の方に押し寄せて、チビが期待の眼差しを俺に向けてくる。
よく表情の変わるチビだ。
女の方はあまり表情は変わらず、何を考えてるのか分からない掴み所のない奴だと思う。
その女が考えている事も今は分かる。
…理由は分からないが、俺はパンを食べる事を求められている。

埒が明かないので、俺はパンの山から板チョコパンを手に取った。
どういうつもりかはよく分からないが、くれるというのなら貰ってやろうじゃないか。
元より甘いものは好きだ。
 

「ライセさんもう食べないの?まだまだあるよー?」
「ライセさん、小食。顔だけじゃなくて食べる量も女の人みたい」
「…それを言うな」

言ってはならない言葉(=女の人みたい)にもっと言及したいところだが、そんな元気もなく俺はゴミをまとめた。
ペースを落とさずモリモリ食べる女とチビがこれでもかと俺に押し付けてくるのを、辛うじて断る。

こいつらどんだけ食う気だよ。
俺はもう7個食ったぞ。
甘いものは好きだが、胃が限界である。

「あれ、もう行っちゃうのー?」

立ち上がった俺を見てチビが不満気に言う。

「用事があんだよ。ありがとよ、パンの礼は言っとく」
「うん、またねー!」
「今度はご飯系買ってくる」

待て、またこいつらと昼食を食うのは決定事項なのか?
突っ込もうと女とチビを振り返るが、そいつらの視線を見て突っ込む気をなくした。

「…ああ、またな」

変な奴らだ。
名前も知らないのに向こうは俺の事知ってて、強引に昼食に誘って、異常によく食う奴らで。

だけど、嫌いじゃない。



*****


 
ライセさん目線で!
女=シュウちゃん、チビ=ナスク。
興味津々でライセさんの所に押しかけてるといいなーと思いまして…!
ナスクはシュウちゃん程食べる訳じゃないけど、それでもよく食う。
食べなくても平気だけど食べる時は食べれる。

ライセさんの口調とか性格とか、合ってるかどうか分かりません!
一応本編を参考にはしたのですが…;;
あとどれだけ食べるのかも分からないので勝手に判断…!
ライセさんがいつも一人ってのも勝手に考えた設定です!
まあ、見かけるのがいつも一人でいる時だという事で…!;;
シュウちゃんの口調は何となく掴めてきたかもしれません。
でも読み返すとシュウちゃん何気に失礼な事言ってる…?
シュウちゃんの台詞、別にナスクが言ってもいいんですけども!
ライセさんもシュウちゃんも、「こういう時はこう言うよ」とか「こんな反応しないよ!」とかありましたら教えてくださいませ!
訂正しますので!

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
がっつりシュウ過ぎて驚愕した次第でございます。
まさかシンさんによって、素敵ノベライズして頂けるとは思っても居ませんでした。
こんな事なら題名もう少しまともなのにすれば良かった。
激しく後悔中の芹々縷々でござい。
大丈夫でございます、シュウはデフォで失礼な子←
失礼であってこそのシュウです(マテや)
唯一突っ込むとしたら、シュウはもう少し食べr(ry)

にしても可愛いなぁおい、ナスクちゃんとかナスクちゃんとかライセさんとか!!!!!
なんだお前ら、まとめて家に嫁に来いよ←
良いと思います、企画提出素晴らしいと思います何このほのぼの、素敵すぎるでしょう?v

まさかまさかの展開で、テンション上がりすぎてもう頭おかしくなりそうです(マテ)
カオス祭もやってみる物ですねvv
どうもありがとうございました、そして大変ご馳走様でしたvv
イトル 2010/01/03(Sun)06:06:37 編集
無題
まさかの続きに吹きました。
ライセがライセすぎます。すごいですシンさん。
シュウちゃんとナッちゃんにいじられるライセ。
大変美味しいです。
ライセは社交性がないので、友人少なそうですよねwいつも一人な感じ。
そうか…本編は殺伐としてるから余計にか…
無我さんあたりと仲がいいと勝手に思ってたりしますw
ライセを構っていただいてありがとうございます!!
佐伯 2010/01/03(Sun)06:24:46 編集
コメントお返事
>イトルさん
いえいえ、ナイスなタイトルだと思いましたよ!
でも変更されるならされるでこっちも修正しますし 笑。

良かったシュウちゃんデフォで失礼な子でしたか…!(笑)
特に意識した訳ではないのですが、勝手にそういう風になったって事は私の中でシュウちゃんが動き出したって喜んでいいのかなとか思ってます(
おkです、取りあえず十人前位増やしておきました(笑)

こちらこそ続きを書かせていただいてありがとうございました!
イトルさんのカオス祭り、楽しみにしてますねvv
触発されて私も創作意欲が上がっている次第でございます。


>佐伯さん
良かった、ライセさんのキャラ合ってましたか…!
ナスクは一人でいる人を見ると無意識に絡んでいく子だと思います。
でも振り回されるからライセさん逃げて超逃げて(
無我さん…!
確かに無我さんと仲良さそうですね…!
相性が良さそう! 笑。

こちらこそライセさん貸していただいてありがとうございました!
シン 2010/01/03(Sun)14:26:07 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[16]  [15]  [14]  [12]  [11]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[01/14 JeffreyMosy]
[05/20 シン]
[05/19 うめきち]
[09/08 シン]
[09/08 ハレタカ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
シン・L
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
カウンター
忍者ブログ [PR]